中古車を売る時期

-

-

自動車の見積額を少しでも上げるものには、中古車を売る時期、タイミングというのも大事なポイントです。

あなたのマイカーをちょっとでも無駄なく売ることを配慮すれば数点のタイミングがあります。

中古車の見積査定の留意点として重視される点に走行距離がまず考えられます。

走行距離というのは、自動車の消費期限とみなされることも多くありますので走行距離が長いだけ買取査定にはマイナス材料になります。

メーターが1000キロと3万キロでは当然、査定対象車の買取相場は相違があります。

通常は走行距離だけで見れば少ない方が自動車見積額は上がりますが、実際はそれほど突っ込んだ基準はないため、決められた基準で査定されます。

例えば、普通車ですと年間標準走行距離10000kmで線を引いて10000km以上だと多くの場合マイナス査定の要因になるのです。

軽自動車だと年間で8000kmがまた年式が古い割に走っている距離が少ないとしても見積額が上がるとは限りません。

通常は年式や走行距離に関しての査定のポイントは年式と比べて適正な走行距離かどうかということです。

自家用車も例外ではないです。

また自動車の年式なども中古車の買取査定の小さくないポイントになります。

しっかりと理解しているという方もたくさんいると思っていますが、基本的には年式に関しては新しい方が査定では有利なのですが例外的にそれにプレミアが付いている車種は、古い年式の車でもプラス評価で見積してもらえるケースがあります。

また車検も重要です。

もちろん、車検というものは現金が必要ですので車検に出すまでの残月数が長いほど査定額は上積みされると思う人が多いかもしれませんがそういったことはなく実際には車検の前でも後でも車の見積額にはあまり相関性がありません。

軽自動車、電気自動車、凹みのある車、などの処分する車のタイプタイプも売却額査定に関係を与えます。

車検前は売り時としても望ましいと考えることができます。

一方売却額を上げるために車検の後に買取査定してもらおうと考えるのはナンセンスでたいして意味を持たないということです。

その他にお店に愛車の依頼をして、引き取ってもらう時期として2月と8月が有名です。

と言いますのも自動車買取店の期末が3月と9月というところがほとんどだからです。

ですので、例えば、1月に売ろうとしたらあと少し待って2月に車の買取査定を専門業者にお願いして手放すのも手です。

所有者都合もあると思いますので、誰もがそのようなタイミングで売りに出すなどというわけにもいかないでしょうけれども、できるならこうしたタイミングを狙ってみると良い結果になりやすいと思います。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.patricia-ghijsens.com All Rights Reserved.