www.patricia-ghijsens.com

-

-

簡単に説明をすれば任意保険という保険は強制保険である自賠責保険とは別に、自賠責保険の範囲ではカバーできない補償を受ける重要なより充実した保険です。これは任意の保険のポイントは自賠責保険の上級保険として有用なものですので、自動車損害賠償責任保険の支払いの限界を超えた際に有用です。それに自賠責保険では対物損害に対しては補償対象にならないのでそこのところをまかなうのであれば入っておく必要があります。もう任意保険を納めているマイカーを売る場合は、国産自動車でも輸入車ということは例外なく残存金額が返金されます。これは国産メーカーの自動車の売却の際も同じです。自賠責保険の場合は、基本的にはそのままにしておくのが通例になっていますが任意保険というものは誰でも入るものではないですから中途解約をすることになります。それから任意保険をキャンセル後はすでに 納めている残金が返ってくるのです。自動車の買取が決定したからといってすぐさま加入している任意保険を中途解約するという選択肢は危険です。もちろん即中途解約するとそれだけ戻ってくる金額は多くなりますがもしかしたら中古車買取のお店が離れた場所にあり、自分で運んで行くということになった場合には、任意保険に入っていない状態で自動車の運転をすることになります。もしもの時を考慮して絶対これから自分が車の運転をしないという状況になるまで契約のキャンセルの手続きはすることがないようにしてください。クルマを売り、すぐ新たな車両を買うケースならば構わないと思いますが、しばらく車の運転をしないような状況が続いて任意保険に入っている意味がなくなってしまったらこの任意保険に入っていない時が存在すると、過去に継続していた保険の等級が下がるため任意保険の保険料が増えることがあります。そういったような時では「中断証明書」というものを発行してもらうようにすることが必要です。この「中断証明書」を使えば、一定期間、解約前の任意保険の等級を引き継ぐことが可能です。そして13ヶ月以内ならば発行依頼をすることができますのでもし今現在で車を売られていて「中断証明書」という書類を提示してもらっていないのならば、その保険会社や保険代理店に中断証明書を発行していないことを伝えたほうがいいと思います。もしもまた自動車を購入することになって、買った後に以前乗っていた愛車を引き取りに出すのならば任意保険の契約は片方のみの契約になってしまします。保険の切り替えという処理ですから運転する必要がある愛車であれば引き取りまで注意しなければなりません。それから任意保険は自動車車両によって保険料が多少違ってくるので買取の際は任意保険の保険料を見直してみる良いタイミングにもなります。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.patricia-ghijsens.com All Rights Reserved.