・私法上のライセンスの制限

-

-

破産許諾を得た場合、どういう種類の不利益がありうるのかは、考えた方にとって1番必要な知識でしょう。

そこで自己破産宣告者の受けるデメリットに関しての事柄を箇条書きにしておこうと思います。

・破産者の名簿に掲載されます。

※正式な身分証明を発給するための基礎資料ですので担当者以外はチェックすることができないし免責の許可がなされれば取り消されます。

・官報で公開される。

※一般の新聞とは別物で通常の書店では販売されませんしほぼすべての人達には関係のないものだろうとと考えられます。

・公法でのライセンスの制限。

※破産宣告者になったとすると法曹、行政書士、税理士など有資格者は資格停止になるので作業ができません。

・私法上のライセンスの制限。

※自己破産認定者は後見、連帯保証人、遺言実行人などになることができません。

そして合資の企業のサラリーマンならび株式の企業、有限形式の会社の取締担当役、監査役のとき、退任要素になってしまいます。

・携帯ローンやカードの利用が不可能となります。

破産管財人事件の際は下記の制限も存在します。

・所有物を自由に利用、破棄することが認められません。

・破産管財を行う人や債権保持者集会の申請を受けて必要な弁明をしなければならなくなります。

・地方裁判所の認定がないと自宅の変転や大型の遠征をすることは認められません。

・司法が緊急だと許した状況では本人が捕まえられる場合もあるのです。

・配達品は破産管財人に送られ、破産管財を行う者は受け取った配達物を開封権限があります。

上記以外の破産した人の損失の、通常誤解されている項目をまとめにしておきました。

1戸籍・住民票では記述されません。

2雇用主は自己破産してしまったことを原因に退職をせまることは許されません。

※原則的に自分が告白しないかぎり企業に知られる可能性はゼロに等しいです。

3投票権や選挙資格などの基本的権利は停止されません。

4保証役になっていなければ家族には返納理由はないです。

5最低限日常に大切な家財一式(ノートPCデジタルテレビをカウント)服などは差し押さえ対象外です。

破産者の困難に関して列挙しました。

破産申請をするのなら借金はゼロになるかもしれませんが、不利益も存在します。

破産の申請を考える上で効果も損失きっちりと熟慮した方がよいと思います。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.patricia-ghijsens.com All Rights Reserved.